文字サイズ
ページ読み上げ
メニュー

哀惜の碑

旧指宿海軍航空基地を飛び立った特攻隊員や一般戦死者ら192人のめい福を祈る追悼式が、哀惜の碑で行われました。戦後60年となる今年は、遺族や旧海軍出身者でつくる指宿かもめ会員ら約210人が参列。指宿かもめ会の田中多喜蔵会長(五郎ヶ岡)は「悲惨な戦争の体験を語り継ぎ、平和のともしびを永遠にともし続けます」と追悼の言葉をのべました。

基本情報

所在地 〒891-0404 鹿児島県指宿市東方10445
TEL 0993-22-2111 指宿市観光課

地図

碑 文
君は信じてくれるだろうか
この明るい穏やかな田良浜が
かつて太平洋戦の末期 本土最南端の航空基地として
琉球孤の米艦隊に対決した日々のことを
拙劣の下駄ばき水上機に 爆弾と片道燃料を積み
見送る人とてないこの海から 萬感をこめて飛び立ち
遂に還らなかった若き特別攻撃隊員が
八十二人にも達したことを
併せて敵機迎撃によって果てた 百有余人の基地隊員との鎮魂を祈って
ここに碑を捧ぐ

毎年、慰霊追悼式が行われています。
広報いぶすき 平成17年7月号より