English 簡体中文 
指宿PhotoGallery 交通案内 観光案内所 観光マップ 観光パンフレット 携帯対応
QRコード
【http://www.ibusuki.or.jp/mobile/】
リンク集 協会概要 お問合せ
 〜見る〜: 知林ヶ島  
 
上位コンテンツへ戻る

知林ヶ島

  • 景観
  • JR指宿駅より車で10分
 

3月から10月にかけての大潮又は中潮の干潮時に出現する長さ約800mの砂のかけ橋「砂州」により島と陸続きとなり、歩いて渡ることができる知林ヶ島。
憩いの場として、また、篤姫ロケ地として多くの方が訪れています。その他、縁結びの島としても知られ、地域の団体により出会いをサポートするイベントも開催されています。



 この島は、霧島屋久国立公園内に位置しており、環境省の「かおり風景100選」にも認定され、平成20年度より「自然と人とが共生するいやしの島」を基本方針として環境省による整備が進められています。
 現在、島内を一周できる遊歩道をはじめ、2ヵ所の展望台や休憩所などが完成しています。

 

−−−市の要望図−−−




※ 砂州について



元来、知林ヶ島は、鹿児島湾(錦江湾)の入り口に位置しており、東シナ海から鹿児島湾内に侵入してくる温暖な黒潮の流れと、鹿児島湾内を流れて東シナ海に向かうやや冷たい流れのちょうど境目に位置しています。このため、島の南北からの海流がちょうどぶつかりあい、砂れきが海流の境目にたい積することで、知林ヶ島と田良岬の間に、砂州が形成されるものと考えられています。


【この時間なら渡れるよ!知林ヶ島砂州情報(外部リンク)】

注意 : 知林ヶ島への渡島は、砂洲が完全に繋がり安全に渡れる状態の時に、帰りの時間を計算に入れた上行ってください。また、周辺の海域は潮流が大変早く危険です。砂洲が繋がっていないときの渡島は絶対に行わないでください。


『知林ヶ島の渡島体験記(菜の花ブログ)はこちら』


MAP(google-map)


上位コンテンツへ戻る
 
印刷用ページ